部屋を借りる時は「お金」で決めてはいけない理由

部屋を借りる時は「お金」で決めてはいけない理由

地域相場と比較して、なぜか家賃が安い賃貸物件があります。

その安さの理由が、どういう理由なのか、特別安い理由をまずは知る必要があります。

今回は、家賃の安い物件にありがちな理由や、入居後に思わぬトラブルに巻き込まれないよう、その際のデメリットをしっかりとお伝えしたいと思います。

設備的な要因

高さが31m以下の場合、エレベーターの設置義務が無い場合があります。

新しい物件に関しては比較的設置されてることが多いですが、古い物件の4階や5階などはエレベーターがないケースがあります。

そしてエレベーターがない場合、量販店などで大型家電や家具を購入した場合、搬送料で別料金を取られるなど、思わぬ出費が増えてしまうことも…

そしてそのような物件の場合、オートロックなども無いケースが多いため、女性には住みにくい物件であることも注意が必要です。

あと、ここで気をつけなければいけないのは、その類の物件に住む方は、「それなりの理由」があって住んでいるケースもあります。

なるべくトラブルなどを気にしたくない方は、避けた方がいい物件かもしれません。

周辺の道路の問題

家の目の前に高速道路高架線線路狭い道なり三方道路に挟まれている立地などがある場合は、どうしても騒音などの生活音の部分で悩まされてしまうことが多くあります。

風水的には、家の周りを三方以上の道路に囲まれた家の場合、気が入り組んでしまうため良くないことや、狭い道の場合もやはり気の入りが悪くマイナスになることが多くあります。

周辺環境の問題

近くに墓地歓楽街暴力団事務所などがある場合は賃料は下がります。

墓地に関しては気持ちの問題も含め、風水的にもマイナスが多い物件になります。

窓を開けた時に見える位置や、家の通り道すぐにある場合は、やはり気の巡りを悪くしてしまう傾向があるので避けたい条件になります。

歓楽街近くなどは、気のめぐりがどうしても落ちてしまいます。

道路を挟み距離がある事や、避けて通ることが出来る環境出ない場合はお勧めしません。

何より、治安の良くない場所では、普通の生活の中でもトラブルを引き込みやすいため、注意が必要です。

と、他にも事故物件原状回復コストを下げて現状貸し出ししている場合など、見てわかるようなケースもありますが、場合によっては貸主が早く埋めたいなどの理由や、時期的に引越しタイミングの時期ではない場合など、ただ単に安くされている場合もあります。

新築物件のメリット

安い、という点では初期費用を比較的安くできるパターンもあります。

新築物件などのケースの場合、掃除業者が入ることも無く、またオーナーは早く部屋を埋めたいという理由もあり、初期費用を抑えることができるなどのメリットもあります。

新築物件の場合は日当たりや周辺環境など、配慮して作られているケースも多いため、部屋のグレードは上げたい、でも初期費用は抑えたいなどの要望がある場合は、非常におすすめとなっています。

引越しの際、どうしても金額の部分などで悩みを持つケースもあるかと思います。

その際に些細な理由での妥協が後からマイナスを生むことも多くあります。

そんな悩みや、アフターコストなどの悩みや相談も開運不動産では行っておりますので

是非1度公式LINEよりご相談ください!