運気が良い物件の条件

運気が良い物件の条件

単刀直入に、「運気のいい物件」というものはこれです!

という解釈にはどうしてもならないものです。

様々な条件の上で、この物件はこれがいい、ここは良くないなどの条件の折を合わせていき、結果運気のいいお部屋を作り上げる、そういうものではあるのですが…

ただ、こういう部屋を選ぶのがいい!といういくつかの条件をまとめてみたいと思います。

ぜひ、新居探しの参考にしていただければ…

①正方形に近い形

凹凸の多い家や、L字型や3角の家は、どうしても家の中心がズレてしまったり、家相の中心が外になっていたりと…

このような条件下で考えていくと、真四角に近いお部屋はやはり運気を呼びやすい条件と言えます。

②玄関から窓が見えない作り

玄関から正面に窓がある家は、金運を逃してしまいます

このような作りの場合、玄関を開けて見える場所に家具などを配置することで改善をすることが可能です。

③日当たりの良い家

これに関しては、西日が差しすぎる家などは、日が落ちる事が運気を下げることになるため、日の出を受けられる側の窓が望ましくなります。

角部屋などでどちらにも窓がある場合は、特に西側の日をカーテンなどで調整し、日当たりのいい部屋作りを。

④墓地や病院などのネガティブな要素が近隣にない。

これは気持ちの問題でもあり、マイナスな空気を入れ替え、悪い気を取り込まないために必要な環境を作るひとつの条件になります。

特に大型病院の近くなど、常に空気の乱れがあるような環境の近くはお勧めしません。

⑤栄えている街に住む

歓楽街などはまた別で、商店街や街並みが栄えている街は、それだけでその場に人が付く運気の良い環境だと言えます。

それだけの運気が高いエリアであれば、自ずと良い運気を得られるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

この他にもコラムの中で川が東西にある物件や、パワースポットが近くにある家などの場合によっては良い条件になる、というお話もいくつか書いてありますので、読んでいただければ幸いです。

そして、そんな条件の物件を予算内で探したいなどの御要望などがあれば、ぜひ開運不動産までお問い合わせください!