就寝前の翌日の運気に繋げるオススメルーティン

就寝前の翌日の運気に繋げるオススメルーティン

現代の「疲れ」に現れている事に繋がる、今昔で大きく変わった「就寝前」

実は現代のライフスタイルが、就寝前のルーティンをいくつか悪くしてしまっているんです。

だからこそ一日の終わりをしっかりと綺麗に収め、次の日に繋げていく必要があります。

まずはじめに、しては行けない事は

・愚痴や悪口を言う、思う

・布団にスマホを持ち込む

・お風呂の水を抜かずに張ったまま

この3つは必ずしないようにしましょう。

就寝前のネガティブな思考は、翌日に持ち越してしまいます。

スマホに限らず、ベッドに本を持ち込むなどもNGになります。

メールやラインを就寝する場で返信してしまうことや、ベッドサイドのあかりだけで本を読んでしまうなど、眠りの妨げになる行動になるため避けましょう。

また、お風呂も水が不動のまま、汚れた要素が滞留していること陰気をそこに滞留させてしまいます。

それをふまえ、寝る前にやる事で運気をあげられるルーティンを紹介していきます。

トイレの床を拭く

トイレは厄落とし空間なので、1日使ったトイレの床には厄=不運がたくさん落ちています。そのままにして寝ると、寝ている間に家中に厄が伝染してしまいます。トイレットペーパーなどで床をサッとひと拭きして、厄を拭き取ってから寝るようにしましょう。

パジャマを着て寝る

寝るときの正装はパジャマです。パジャマを着て寝ることで、睡眠中に運気の新陳代謝をすることができます。Tシャツにスエットやジャージで寝るのはNG風水です

心地よい音楽を聴く

穏やかな気持ちで眠りに入るために、リラックスできる音楽を聴くのも吉。ゆっくりとしたテンポの癒しの音楽を聴きながら寝て、運気を休息させましょう

一日でのいいことを思い出す

布団の中に入ったら目をつぶって、その日あったいいことを思い出してみましょう。

睡眠中にいい運気を取り入れやすくなります。

枕元に貴金属を置く

枕元に貴金属を置くと金運が上がると言われています。

引き出しにしまいっぱなしの貴金属があったら、枕元に置いて寝ることで金運をあげる効果が見込めます。

まとめ

寝る前のわずかな時間や、寝るときの些細なことから、次の日の運気も変えていくことができます。

小さなことから、普段なかなかしないことなどで、少しでも良い空気を取り入れて、快適な一日を迎えましょう!

より良い環境作りや良縁を開運不動産はお届けしていきますので、是非新しい生活をお求めの方は、開運不動産公式LINEよりお問い合わせください!