東京・金運パワースポット

東京・金運パワースポット


中央区日本橋のパワースポット「小網神社」

この周辺に萬福庵という観世音と弁財天とを安置する庵がありました。

開基の年代は明らかではありませんが、およそ一千年前に開基されたのでは無いでしょうか。

文正元年(1466年)に萬福庵の周辺で悪疫が流行して村人たちは困っていました。

そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って萬福庵を訪れ、数日間この萬福庵で過ごしました。

ある夜、萬福庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕に立ち、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅すると告げます。 夜が明け、翁の姿は萬福庵にはありませんでしたが、庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜祈願をつづけました。すると間もなく村の悪疫は鎮まり、村人たちは歓喜したといわれています。

領主・太田持資公(道灌)も、この御神徳を聞き、この神社を詣でました。そして土地を寄附し、小網山稲荷院萬福寿寺と名づけたと伝えられています。

慶長年間(1596~1615年)には、これらにちなみ周辺地域が小網町と名づけられ、当神社を氏神様としました。

明治維新後の神仏分離令によって社寺は分離、小網稲荷神社として明治6年(1873年)7月5日に、村社に指定されました。現在の社殿・神楽殿は、大正期の明治神宮造営の工匠長・内藤駒三郎宮大工一門により、昭和4年(1929年)に造営されました。その後の戦禍を免れ、現在は日本橋地区に残されている唯一の戦前の木造神社建築となっています。特に、向拝に施された「昇り龍」と「降り龍」の彫刻は立派なもので、「強運厄除の龍」とされています。戦後の宗教法人化に伴い、名称は「小網神社」となりました。社殿・神楽殿などは現在、中央区の文化財に登録されています。

強運厄除の神様

第二次世界大戦の際、出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還しました。 また、昭和20年(1945年)3月10日、東京下町地区に未曾有の災害をもたらした東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています。 旧社殿は大正12年(1923年)9月1日の関東大震災の際に倒壊しましたが、当時の宮司は稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人々が助かったといわれています。当時の様子は新大橋の袂にある避難記念碑にも「小網神社の御神体を伏して拝み、加護を願った」と記されています。

近年噂されている東京大地震に備え、災害から逃れたい人は今のうちに参拝してみては?

東京銭洗弁天

毎年10月28日は萬福舟乗弁財天大祭が行われ、多くの参拝客で賑わいます。当日、社頭では、福くじを授与し、お供え物などをお授けいたしております。(10月28日が土曜日の場合には27日、日曜日の場合には29日)

また、境内の「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かることから、現在は「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。