マイナス要素をもつスポット -逆パワースポット-

マイナス要素をもつスポット -逆パワースポット-

いわゆる「パワースポット」と言われるものの逆で

「逆パワースポット」と言われるエリアがあることはご存知でしょうか?

ネット検索などでよく上がるのが

東京スカイツリー

六本木ヒルズ

サンシャインシティ

渋谷センター街

が挙げられます。

これらのスポットが何故「逆パワースポット」と呼ばれているのかですが、そこに集まる人の多さなどもありますが、1つにその土地の由来なども含まれています。

まずはスカイツリー

このエリアは、平将門の怨念を抑えるための結界が貼られていたが、スカイツリーを建設するにあたりこの結界が崩壊した…

東京タワーとスカイツリーを結ぶ線が鬼門と裏鬼門を位置している…

強い電波を発することによりその磁場が乱れる…などといわれています。

次に六本木ヒルズ

ここはそれこそ有名な成功者が辿り着くエリアとしても有名ですが、やはり失脚してその場を去ることが多いなどの経済的決壊が見受けられることやそれを渦巻く磁場が乱れているなどと言われています。

また、赤穂浪士が切腹した場所、などとも言われていますね。

次は池袋サンシャインシティ

このエリアは、昔巣鴨プリズンと言われる処刑場があり、サンシャインシティ横の公園には慰霊碑も立てられています。

また、ここもスカイツリーや六本木ヒルズのように高いビルがあり、人も多く立ち寄るエリアのため人の念が強く残り、その場を乱すとも言われています。

最後は、渋谷センター街

ここも言わずと知れた若者から年配層まで多く押し寄せる人の多いスポット。

どちらかと言うとそのまま負のオーラの強い環境にも思えますよね。

そしてセンター街といえばあの坂道ですが、渋谷そのものが谷を切り崩しそこに繁華街が出来た、本来であれば土地的にもマイナスの要素の強いエリアであったりします。

元は宇田川の流れる窪地で、高台と谷底のわかりやすい境目のある土地。

ただ、この土地全てに言えることとしては

「圧倒的に繁盛しているエリア」のひとつであったりします。

マイナスの要素の強い環境というのは、それだけ改善をし、多くのデメリットを払拭するようなアイデア人があつまり、それを成功へと導く

そしてこれらのエリアには、必ず成功者が居ることも明らかですよね。

マイナスの要素があり、負を招く要素が強い場所にも、必ず大きな成功を導く環境を作ることができるんです。

人が集まる場所というのは、それだけの多くの気の混じりやネガティブが転がっています。

それに負けない生活環境を作る、生き方をすることが、何より大事なのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

今の世の中は、ネットを見る度にネガティブの要素が書かれ、それを見てマイナスの陰気を呼ぶ情報が多くあります。

それを払拭できるだけの明るいポジティブな思考や行動が、何より必要であったりするんですよね。

ポジティブシンキングになれるような改善なども、今後コラムや公式LINEにてお届けするようにしていきますので、良ければ下の公式LINEアイコンから登録をよろしくお願い致します!